YEGとは
「YEG」 (若き企業家集団)とは商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。

春日部商工会議所青年部とは、春日部商工会議所の内部組織として位置づけされ、次代を任される45歳までの若手経営者(経営後継者)による、春日部をより良くする為の団体です。
綱 領
商工会議所青年部は

  地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い
  次代への先導者としての責任を自覚し
  地域の経済的発展の支えとなり
  新しい文化的創造をもって
  豊かで住みよい郷土づくりに貢献する
指 針
われわれ青年部は 一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう

  一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう
  一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう
  一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう
  一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ 力を合わせ 国の礎となろう
YEG宣言
私はYEGとして、夢に挑む。
私たちはYEGとして、地域を愛する。
すべてのYEGは、連帯の証となる。


YEG宣言趣旨
私(商工会議所青年部会員)はYEGとして、夢に挑む。商工会議所青年部会員は、YEG精神の下に、研鑽 と交流を通じて、企業家精神をより一層高め、大きく成長していかねばならない。一人一人のYEGは、自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢 献を考え、それぞれの夢に若さと情熱をもって積極果敢にチャレンジし、経済人としての自己実現を図っていかねばならない。私たち(商工会議所青年部)はYEGとして、地域を愛する。商工会議所青年部は、地域を愛している。活動 の基盤を地域に置き、独自の歴史と文化、その地域の特性を十分活かして、豊かな住みよい地域を創造していく。一人一人のYEGが、そして若き企業家集団で あるYEGが、次代の地域の担い手として、今後とも商工会議所活動の一翼を担い、より活力ある地域経済社会の実現に向けて全力で取り組んでいく。すべてのYEG(日本YEG)は、連帯の証となる。全国商工会議所青年部連合会(日本YEG)は、すべて のYEGの連合体として、日本商工会議所の方針を踏まえ、YEG(若き企業家集団)のビジョンを内外に示し、各地青年部の活動支援・調整、組織強化を行 い、そのネットワークを最大限に活かして、地域の枠を超え、青年部の活性化と機能強化を図っていく。そして、私は、また私たちは、全国的な交流を促進し、 YEG精神の一層の高揚を図り、連帯の証となる。



「綱領」 と「指針」 の策定

商青連創立5周年(1988年)を記念し、商青連会員青年部を対象に「これからの青年部を考える」 に関するアンケート調査を行い、寄せられた意見、要望を参考にしながら、「これからの青年部への提言」 としてとりまとめるとともに、その内容を青年部活動の拠り所ともいうべき「綱領」 と「指針」 に集約した。 この内容は5周年記念誌「明日への挑戦」(B5判、96ページ)に掲載し、第6回中央研修会の資料として活用するとともに会員、特別会員に配布した。
スローガン


想いを伝える
~今できることに向かって~


春日部商工会議所青年部  会長 鹿江 陽介
会長所信
 時代は今まさに動き出そうとしています。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、人類の生活が一変しました。
 不要不急の外出を控えることにより街から人が消え、リモートワークにより人と人との接触が無くなり、飲食店での食事からテイクアウトへ、学校も休校になり勉強の仕方までもが変わりました。仕事のやり方から個人の生活スタイルまで、この1年で急な方向転換を迫られております。
 街に繰り出し、人と人との触れ合いにより輪ができ、春日部の飲食店で今夜も街の未来を創造する会合をし、皆と共に研鑽を重ね成長していく。まさしく青年部の十八番としていたところを奪われてしまったような状態です。

 しかしながらいつの時代も様々な困難を乗り越える為に、情熱の名のもとに、集い、知恵を出し合い、互いを尊重しつつ、努力を惜しまずに歩んできたと思います。
 我々春日部商工会議所青年部も諸先輩方が積み重ねてこられた歴史に恥じぬように、この困難を乗り越えるべく、組織である強み、青年経済人の団体である強み、異業種の集まりである強み、歴史のある団体である強み、春日部を愛している者の集まりである強みを最大限に活かしていきましょう。

 一つ私事を話しますと、神奈川県鎌倉市で生まれ、学生時代を東京の世田谷で過ごし、結婚を機に春日部に参りました。そこで司法書士として開業し、青年部にお世話になったのがちょうど6年前。率直に申し上げて春日部は縁もゆかりも無かった土地ではありますが、この地で開業させてもらい、この地で家族を養っていけるのも何かのご縁。そのご縁を大きな輪に、大きな繋がりにしてくれたのが青年部だと思っております。

 私は青年部活動を通じてたくさんのことを学ばせて頂いております。
 単純に申し上げても、サラリーマンをやっていたら、夕涼みフェスタの主催者側にはいません。街の活性化のために汗を流すこともなかったと思います。子ども達と街中を散歩して買い物をし、お昼ご飯を食べたとしても、お代を支払ってごちそうさまというくらい。店主に対して、お世話になっておりますとかお疲れ様ですと言い、世間話をすることはなかったでしょう。髪が伸びたとき、家のリフォームをしたいとき、車の整備をしたいとき、顔の知っている人にお願いできる安心感は分からなかったでしょう。
 一つ一つの出来事に対し意味があり、その先に自身の意義を見いだせれば、青年部の一員であることの有難さを実感できれば、青年部活動の全てが人生の何かの役に立つはずです。

 先ずは、コロナ禍において難しい時期となりますが、自身とご家族の健康、並びに自企業の健全経営を守って行きましょう。そのスパイスとして青年部が寄り添えれば何よりです。
 今自分に出来ることを見つけ、未来を切り開いていきましょう。
 時代は今まさに動き出そうとしています。



 我々商工会議所青年部は、綱領にもあるように、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担うべく、45歳以下までと年齢制限を定めた次世代の青年経済人の団体として、今まで築き上げた街の伝統や文化を重んじつつも、新しい創造力をもって、その次の世代へ豊かで住みよい郷土を引き継げるようにしなければならないと思います。
 そのために、今私たちが出来ることを再確認し、その存在意義を以下5点に集約し示します。

運営方針
 我々商工会議所青年部は、綱領にもあるように、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担うべく、45歳以下までと年齢制限を定めた次世代の青年経済人の団体として、今まで築き上げた街の伝統や文化を重んじつつも、新しい創造力をもって、その次の世代へ豊かで住みよい郷土を引き継げるようにしなければならないと思います。
 そのために、今私たちが出来ることを再確認し、その存在意義を以下5点に集約し示します。

1、自己研鑽活動(対・メンバー)

 自身の成長が企業の発展となり、青年部の成長が街の発展へと繋がるように、先ずは個人のスキルを高めるため、人と人とのコミュニケーションを大切にしつつ、青年経済人としての見識を深めることができるような研修活動を行う。


2、組織強化活動(対・単会)

 青年部が組織としての強みを発揮できるように、土台となる会員数の拡大のため新規メンバーの勧誘と、所属メンバーの組織内での役割を意識した活動を行い、ひいてはそれが商工会議所活動の発展に帰依する。


3、地域活性活動(対・市民)

 春日部商工会議所青年部が春日部市内でどのような役割を果たしているのか、また所属メンバーが市内でどのような活躍をしているのか、その地域での立ち位置を知ることにより、より深く地域の活動に寄り添い、街の活性化を図る。


4、政策提言活動(対・市)

 青年部としての若く新しい目線で、市や親会への建議・具申を行うことで、我々次世代を担う青年経済人が縦の連携による商工業の発展や福祉の増進に寄与する。


5、渉外交流活動(対・他団体)
 自身の青年部活動を外に向け広報するとともに、県内外問わず他の青年部の活動や、市内他団体の活動を知ることにより、自身の青年部活動の幅を広め、人との出会いによる刺激により教養を深める。


〒344-8585 埼玉県春日部市粕壁東2-2-29 1F
営業時間 : 8:45~17:15(平日のみ 土日祝日休業)
お問合せ : 048-763-1122 / FAX : 048-763-1127